理系男子にお薦めしたい1000円カット

お金

こんにちは、凡才博士です。いつもは理系学生がより良い暮らしが出来るように記事を書いているのですが、本日は少しテイストを変えて好きなことを書いていきたいと思います。(休日ですので。)

今回のテーマは「1,000円カット」についてです。これまで多くの1,000円カットを試してきた凡才博士ですが、ついに最適解を見つけましたので何となくシェア出来ればと思います。

スポンサーリンク

1,000円カットについて

理系男子の皆さんは1,000円カットについて良く知っている方も多いのではないのでしょうか?女性の方はあまり利用したことが無いかと思います。

1,000円カットとはその名前の通り、1000円で髪が切れる美容室(美容院・床屋・理容院等)を指します。すごい有名な所ですと、全国にチェーン展開をしている「QBハウス」が駅の近くやショッピングモールでよく見かけますね。

https://www.qbhouse.co.jp/

おしゃれなお姉さん(ギャル)に着られる美容院とは異なり、早く・安くを売りにしているのが1,000円カットになります。

ホットペッパーで吟味して5~6,000円かかるおしゃれ美容院をシェフがいるフレンチレストランとすると、1,000円カットは牛丼屋です。マックでも良いのですが、とりあえずファストフード的ポジションにいるのは間違いないですね。

スポンサーリンク

1,000円カットの魅力について

1,000円カットを使い続けて数年ですが、私独自の目線でこれまで1,000円カットを使ってみた魅力について共有します。

とにかく安い!

皆さんは髪の毛を切るのにいくらぐらい払っていますか?ホットペッパーで5,000円ぐらいのお洒落美容院を予約している人も多いのかもしれません。私自身は地方出身なので、昔通っていた美容院はシャンプー付きで2,500円くらいしてました。(これでも十分安いですよね。)

ご存知かと思いますが、理系大学生・大学院生はお金が無いことが多いです。私も髪の毛切るのにあまりお金をかけるのは勿体ないと思っています。1回5,000円するとして、月に1回髪の毛を切りますと、1年間で6万円かけて髪型を整える事になりますね。

一方、1,000円カットは1年間に12,000円しかかかりません。1年間で約5万円程髪の毛にかかるコストが変わってくるのです。5万円をバイトで稼ぐのも大変ですし、そこまでクオリティが変わらないのであれば、1,000円に越したことはありませんね。

コスパが良い

髪を切るのにコスパなんてあるのかと思いますが、やはり美容院もビジネスですから客単価があります。1,000円カットはコスパが良い事が多いのです。いい匂いのするギャル美容師がいるお洒落な美容室はカットとシャンプーで5,000円かかるとしましょう。

我々理系男子には馴染みの無い場所ですから、キョドりながら入店するとお洒落なお姉さん達がこんな私にも笑顔に対応してくれますよね。その後。カルテみたいなのを記入し、一度シャンプーされ、カットをし、またシャンプーされてドライヤーで完成です。人によってはワックスで仕上げる人もいるかもしれません。大体この一連の流れで髪が整うのに50~40分程かかるのではないでしょうか?

この美容院のコスパを測る指標の一つに時間単価があります。5,000円で50分かけて髪型を整えてくれたら、時間単価は5,000円/50分=1000円/10分なのです。分単位で単価を出してもいいのですが、大体10分単位がこの業界の標準となっています。この美容室業界の標準は1,000円/10分なのらしいのです。つまり長くカットしてくれればしてくれるほど、お店側の利益が減っていくわけです。

時給換算すると時給6,000円が美容師が稼がなければいけないノルマになります。よってコスパが良い美容院というのは、安く・時間をかけて丁寧に切ってくれる所になります。思い返せば、お洒落な美容院でカットしてもらっている時間は実質何分になるのでしょうか?男性の場合長くて20分も切られたら終了ですよね?

1,000円カットがコスパが良い理由として、カットだけに専念している所にあります。カット以外の余分な事は一切しないのです。そのため、私はいつも15分くらいカットしてもらっているのですが、その15分間は1000円で済むため、通常の美容院より1.5倍もコスパが良い計算になります。

(*時間単価だけがコスパで無いとは考えています。私の場合は時間単価が優先ですが、普段髪の毛を女子に触られる事のない理系男子にとっては、合法的に女子としゃべりながらカットしてもらえるというSSレアの付加価値が付きます。この価値をどう考えるかは価値観次第ですので、全員に1,000円カットをお勧めいたしません。)

入店の敷居が低い

お洒落な美容院を予約するのは、個人的に大変な作業です。まず、美容院のリサーチから行わないといけません。

  • 値段はいくらなのか
  • 可愛い美容師はいるのか
  • 男子も歓迎してくれるのか
  • クーポンはあるのか等々

上記のような情報のリサーチにはかなり苦労しますよね。特に最初の美容院は緊張しますから入念なリサーチが欠かせません。

いざ、予約を取った後も当日のファッションチェックは欠かせません。当日は髪を切りに行くのに、何故か家を出る前に髪の毛をセットしなければなりません。そうです、美容師にバカにされないために整えてから美容院に行かないといけないのです。ここまでしないと、理系の私はお洒落の巣窟である美容院など行ける訳が無いのです。そして、ギャルの美容師に顔を真っ赤にして現在自分の最高峰のカッコよさを見せつけるのです。そのため予約から実際の来店にまでかなりエネルギーを使います。

それに引き換え、1,000円カットの手軽さは計り知れません。まず、ほとんどのお店がオシャレではありません。まだサイゼリヤの天井の独特の絵画の方が数倍お洒落です。ミシュランの星付きはドレスコードがありますが、1,000円カットには一切のドレスコードはありません。最低限として寝癖が強い場合は行かない方が良いという事ぐらいです。後は服さえ着ていれば正直何でもいいです。

また、可愛かったりギャルの美容師は基本的にいません。大体オジサンが多いです。周りのお客さんもオジサンかお婆さんくらいで、皆さん堂々とカットだけを頼まれています。中には常連もいますので吸い込まれるようにお店に入っていきます。周りの客層と比較しても、僕は心地よく1,000円カットに入店できます。入店しても無視されている事も多いですが、そこまで喋りたくもないのでそれまた丁度いいです。

あと、1,000円カットは予約をしなくていいというのが大きな魅力です。オシャレ美容院は大体予約が必要です。そのため飛び込みで切る事はほとんどありません。しかし、1,000円カットは対象的で予約を取っている所はほとんどありません。髪を切りたいときに切れるというのが、思い立ったら行動できるのでとても良いです。またお店での待ち時間が長い場合は別の店舗でもいいですし、気軽に立ち寄れるためまた別の日に時間が出来たら覗いてみるというのも時間の融通が利いて良いです。

スポンサーリンク

1,000円カットのデメリット

これまでは魅力を紹介してきましたが、1,000円カットのデメリットをやはり挙げねばなりません。良いところもあれば、もちろん悪いところもあるのです。ただ悪い点よりも良い点が上回るため私は今も1,000円カットで済ましています。

美容師の当たり外れが大きい

これは話に聞いた方も既に経験してしまった方もいるのではないのでしょうか?美容師だけではなく、お店全体がダメだという可能性も十分あります。なので私は自分に合った1,000円カットを探すため、月替わりで1,000円カット巡りをしました。(笑)

お店全体が早くやればいいと雑に行っている所は本当にダメですが、中には美容師によって当たり外れが大きく出る場合もあります。その場合、指名が出来ると良いのですが、指名する場合は追加料金が取られてしまう場合があるので注意が必要です。無料で自分のお気に入りの美容師を指名できる所は優良店ですね。

私も幾つか外れの1,000円カットを引いてしまいまして、毛先が全然そろってなかったり、他の人にもそれ自分で切ったの?と言われるような出来の時もありました。ここは1,000円でガチャを引いたと思い、次はほかの店に行ってみるというのが最も良い解決策だと思います。まぁ、1,000円ですので5,000円で思うような髪型にならなかった時よりかはダメージが少ないのが事実です。

サービスの質が低い

これは1,000円なので、当たり前と言えばそうなのですが、やはりサービスの質が低いです。本音を言えば来店したらコーヒーなんか出てきて、荷物を預かってもらい、椅子までエスコートしてもらって、ギャル美容師に柔らかくシャンプーしてもらいたい所ですが、1,000円なのでそうはいきません。吉牛に行っているのにビーフストロガノフを頼んでいるようなものです。

これを言っては元も子も無いのですが、1,000円なのでセルフで出来るところは我慢してセルフでやりましょう!ただし、カットの質だけは10分1000円かけている訳ですので、妥協してはいけません。カットが悪い場合は1,000円カットに行く必要が無くなってしまうので、カットが悪いお店は一度行って失敗したやめましょう。

スポンサーリンク

凡才博士お気に入りのお店

数々の1,000円カットに行き調査したところ、私のお薦めは「Hair Salon IWASAKI」です。(個人のお店では色々あると思いますが、チェーンの中での一番はここです。)

Hair Salon IWASAKI

正直IWASAKIが何なのかは私自身良く把握できておりません。ただ、コスパもクオリティーも高いというだけでお気に入りです。チェーンですが、何故か名前も様々です。
・ヘアースタジオIWASAKI
・HAIR STUDIO IWASAKI
・美容室 イワサキ
等々ありまして、何ならIWASAKIと名前が付いていない所まであります。(店内とメニューはIWASAKIと同じです。)

IWASAKIの気に入っている所

写真の説明はありません。
IWASAKIの公式FaceBookより

まずはその値段にあります。なんと、「カット:980円」(平日は690円の所もあり)です!等々1,000円カットでは無くなりました。しかもこの料金は税込み価格です。1000円一枚でおつりまで出てきてしまいました。最もお得なのがこの「カット」ですが、パーマやカラーなどでも3,000円程度で出来ます。パーマはお婆ちゃんしかいつもいない印象ですが。

次は、男性の入りやすさにあります。美容院は意外とおばちゃんが多いです。どうせなら可愛い美容師に切ってもらいたい気持ちもありますが、おばちゃんだと何故か気取らなくていい安心感があります。またお店の前にも黒い旗で「男性客も大歓迎!」と書かれているので、堂々と入っていけます。

コスパも高いところが気に入っている点になります。10分1,000円という時間単価が大概の所ですが、IWASAKIは丁寧に切っていくれるところが多いので、15分程カットに時間をかけてくれます。(オーダーする髪型によります。)1000円カットなので、じっくり時間をかけてくれる所が一番信用できますし、コスパも高いです。

上記の点以外にも、美容師の指名がなんと無料で出来たり(その分順番が回ってくるのに待ちます)、1週間以内であればお直し無料であったり、受付さえすれば並んで待つ必要が無い点はかなり高く評価できます。普通のチェーンの1,000円カットとは一味異なるサービスです。

カットまでの流れ

最後にIWASAKIでのカットまでの流れをご紹介します。行こうと思っている方は是非参考にしてください。まず、予約は不要ですので、近くにお店があるようでしたら空いている時に飛び込みましょう。心の準備をするために1人か2人待っている人がいる時がベストかもしれません。

受付から順番待ちまでが全てタッチパネルによるセルフサービスです。来店した時の挨拶くらいしかされませんので、気に入らなかったらそのまま出てきてもOKです。受付の流れは以下のようになります。

  • 「受付をする」にタッチする
  • 「女性・男性・子供」を選択
  • 「初めての来店・再来」を選択(初めてを選ぶとどうやって知ったか聞いてきますので適当に選びます。)
  • 今日受けたいメニューを選びます。(カット・カット+シャンプー・カラーなどです。)
  • 指名の有無を選択(指名するとその人の順番が来るまで少しだけ待ちます。)
  • 番号札が発券されるので取って呼ばれるまで待ちましょう。(待っている人が多ければ外出してもOKです。

番号が呼ばれるちょっと前に手荷物をロッカーに入れて、鍵を掛けましょう。鍵は温泉と同様に手首に付けときます。スマホはポケットにしまっておく方がいいですね。その後、番号が呼ばれますので案内された椅子に座ります。そこからカットに入る訳ですが、以下が注意点です。

・希望ははっきり伝えましょう

お洒落な美容院とは違い、髪型を詳しく聞いてくれません。詳しく聞いてくれないのに流されて、「適当」とか「おまかせ」なんて決して言ってはいけません。また今の髪型から何cm短くといったオーダーもあまりお勧めできません。何故か違ったイメージになります。

私がお勧めしている方法は、ズバリモデルとなる写真を見せる事です。おばちゃん美容師に恥ずかしげもなくロバートダウニーJr.の写真を見せつけます。(アイアンマンが代表作ですね。)そして、「ワックスを付けたときにこの髪型にしてください」と恥ずかしげもなく言います。

別にキムタクの髪型になりたかったらなりたいキムタクの写真を見せればいいのです。言葉で髪型を表すなんて理系男子には到底できません。だから写真で示すのが一番楽です。流石に私もお洒落なお姉さん美容師にキムタクの写真を見せて、「これにしてください」なんて言う勇気はありません。きっと美容師も笑いを堪えているに違いありません。

しかし1,000円カットのハードルの低さはこれらを可能にしてくれるのです。大体写真を見せると、「後ろは刈り上げますか?」とか写真でも良くわからない所を聞いてきてくれるので、答えればOKです。その後は、正直されるがままです。一度切り始めたら後はされるがまま、その美容師の腕を信じるだけです。希望通りいかなかった場合はガチャで外れたかと考えてください。大丈夫です、髪ならまた伸びてきます。

切り終えたら、美容師が後ろ髪を鏡でチェックさせてくれるのでそれを何とも言えない顔で見るだけです。最後にドライヤーで髪をある程度吹き飛ばしてくれます。1,000円カットでは掃除機みたいなので髪を吸っている場合が多いのですが、IWASAKIはドライヤーで吹き飛ばすだけです。その後、髪型によってはワックス等を付けてくれます。カットだけですのでシャンプーはもちろん無しです。早く家に帰って自分でシャワーを浴びてセルフシャンプーをしましょう。

これにてカットは無事に終了です。ロッカーから鞄を取り出し、お会計をしましょう。1,000円札を出すだけです。これにて、あなたの髪型は安くばっちり決まっているはずです。1,000円カットデビューですね。おめでとうございます。

スポンサーリンク

終わりに

私も個人的にはお洒落な美容院に行きたい派です。しかし、どこで切ってもそこまで髪型が変わらない事に気づいてしまいました。そうすると、1,000円カットはかなりコスパが高いのです。こだわりがある方はもちろんおしゃれな美容院でカットするべきです。ただ、あまり髪型を気にしない理系男子(特にお金の無い大学院生)には1,000円カットでも十分お勧めできますというお話でした。

まだ試したことのない方は、ぜひお近くの1,000円カットを一度試してみてはいかがでしょうか?少しいつもと違う感じの記事ですが、良いラボライフに近づいていると思います。皆さんのお薦めの1,000円カットがありましたら、乗り換えますので是非コメントに教えてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました